北柏すごう整形外科 柏市,北柏,北柏駅 整形外科,リハビリテーション科

運動療法とは

 理学療法の中心となるアプローチで、その名の通り「運動」を手段にして治療するものです。その目的には、変形の予防・改善、関節の機能改善、筋力の増大、耐久性の増加、動作の改善などがあります。

理学療法の具体的な治療法として、以下のものがあります。

関節可動域運動

脳卒中の方の関節の動きが制限されないように、あるいは、骨折などの整形外科疾患の関節の制限を改善する為に行います。
 

筋力増強維持訓練

長期に安静などにより、弱くなった筋力の強化を行います。
 

持久力訓練

人が活動するためには継続して何かをすることが求められます。
歩行や運動の持久性の改善を図る訓練を行うものです。
 

協調性訓練

専門的になりますが「運動失調」と言って、体の協調性が損なわれる症状があります。
(※重い物を持った後に箸を持つと手が震える など)
 

神経生理学的アプローチ

最近はこのような表現で一括りにしてしまうのは適切ではないですが、便宜的に。
主に脳卒中や脳性麻痺の方に、治療を行う特殊なテクニック・概念のことです。
 

胸部理学療法(肺理学療法)

呼吸器の病気(内科的な呼吸器の障害、肺がんの術後など)に対するアプローチです。
 

徒手療法

専門的な技術によって、関節の機能や、痛みを改善する技術です。 これにもたくさんのアプローチ・流派(?)があります。
 

基本動作訓練

人の基本的な動きについて、円滑に出来るように指導していきます。
寝返りや起上り、立上り、歩行などの動作練習や座位、立位などの姿勢、バランス練習
 

当院では症状に合わせリハビリを行っています

⦿スポーツリハビリテーション
趣味活動・学生の部活動・プロスポーツ選手の怪我の治療、競技復帰、パフォーマンス向上など様々な内容を行っています。

 

⦿慢性疼痛管理
首、肩、腰、膝といった関節痛の予防や改善など日常生活に支障のある痛みでお困りの方は是非ご相談ください。

 

⦿術後リハビリテーション
膝や股関節の人工関節、背骨の手術後などの手術前後で衰えてしまった筋力、体力の改善を行っています。

 

⦿高齢者自立支援
転倒などの体力の衰えに伴う怪我の予防、趣味活動の再開の支援などを行っています。